HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A・お問い合わせ買い物かごを見る
コミックパーク|絶版漫画を一冊からつくって販売!
新着一覧 全一覧
コミックパークtopへ 製本サンプル
詳細と購入(画像クリックで拡大表示)
全巻セット
都わすれ 全11巻

都わすれ 全11巻

大山 和栄
10,890円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無

単巻販売はこちら

※全巻まとめて購入する
夢見るごとく世に棲みて 流るるごとく時に乗る 珠玉のごときかんばせの 花ある日々を見せる女 蒼き細身の姿態の奥に 秘めたる遺恨誰が知る  [立ち読みする!]
単巻販売
都わすれ (1)

都わすれ (1)

大山 和栄
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:233ページ
ISBN:9784090048616
夢見るごとく世に棲みて 流るるごとく時に乗る 珠玉のごときかんばせの 花ある日々を見せる女 蒼き細身の姿態の奥に 秘めたる遺恨誰が知る [立ち読みする!]
都わすれ (2)

都わすれ (2)

大山 和栄
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:232ページ
ISBN:9784090048623
余呉湖は何も語らねど 湛えし水の奥深く 眠るは怨念魑魅魍魎 起きるな起こすな今宵だけ 胸に懐いた赤子のために 祈るは哀しい儀母心 [立ち読みする!]
都わすれ (3)

都わすれ (3)

大山 和栄
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:232ページ
ISBN:9784090048630
こずえに眠る芽は堅く ぬくもる春もまだ遠い 思いよとどけと叫べども 答えぬ母は夢の中 来し子のかほりに頬よせる ねんねこゆすりて子守歌 [立ち読みする!]
都わすれ (4)

都わすれ (4)

大山 和栄
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:232ページ
ISBN:9784090048647
嵯峨野にたたずむ野仏の 目元に漂う寂しさは 私の運命に瓜ふたつ 今日もさまよう心の旅路 晴れる明日を夢みつつ [立ち読みする!]
都わすれ (5)

都わすれ (5)

大山 和栄
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:215ページ
ISBN:9784090048654
余呉湖のほとりで結ばれた匡と葵 幸福に酔いしれる二人にしのびよる黒い影が… [立ち読みする!]
都わすれ (6)

都わすれ (6)

大山 和栄
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:215ページ
ISBN:9784090048661
嵯峨野の家を出て、愛する男・匡と暮らしたいと願う葵。ふたりの愛は永久に続くと思われた矢先、悪魔のように現れた梢子は… [立ち読みする!]
都わすれ (7)

都わすれ (7)

大山 和栄
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:215ページ
ISBN:9784090048678
花吹雪が舞う余呉湖の辺り。カメラマンの匡と恋人・葵、桜子は幸福の絶頂に…。突然、梢子が現れ「桜子を返して」と泣き叫んだ… [立ち読みする!]
都わすれ (8)

都わすれ (8)

大山 和栄
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:189ページ
ISBN:9784090048685
育ての親を恋う桜子に嫉妬を燃やす実母の梢子。ふたつの家庭は千千に乱れ、凍りつくような日々を迎えるのであった。幸せはいつ? [立ち読みする!]
都わすれ (9)

都わすれ (9)

大山 和栄
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:187ページ
ISBN:9784090048692
匡との愛のすれちがいに悩む葵は親友・賢作の胸に飛び込んだ。賢作の心は後ろめたさを覚えつつも葵への恋心は募る一方だった…。 [立ち読みする!]
都わすれ (10)

都わすれ (10)

大山 和栄
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:187ページ
ISBN:9784090048708
「葵ちゃん、君が匡の目になるなら、俺は君のツエになるよ」夫の親友・賢作の不器用な愛の告白に、葵の心は激しく揺らぐのだった!! [立ち読みする!]
都わすれ (11)

都わすれ (11)

大山 和栄
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:187ページ
ISBN:9784090048715
葵と匡が離婚。賢作は親友の不幸に同情することより、晴れて葵と会えることに喜びを覚えた。傷心の葵に幸せの日はくるのだろうか。 [立ち読みする!]